FC2ブログ

鴨川徒然記

    日々を写真に。

所感あれこれ。

Tue曇り時々雨。京都では日が落ちてから朝方までの気温が肌に突き刺すような寒さへと変化してまいりました。これから紅葉観光一色から年末ムードへと変わっていくのではないでしょうか。私の方は、大学祭での写真出展も終え、大学での学業をしつつ、時折カメラを持ってどこかへ繰り出す毎日が戻ってきました。そのハレからケへの移行も落ち着いたのと、いつの間にかこの日記を作成してからもうすぐ7ヶ月が経とうとしており、最初の...

紅葉、見納め@毘沙門堂。

Thu曇り。今週の頭までの暖かい秋始めくらいの気温から一転、漸く本腰を入れたように冬を告げにきたようです。今日は、東京では54年ぶりの11月の降雪のようで。寒いですね。昨年と比べると随分と紅く魅せてくれた紅葉。それもそろそろ潮時を迎えています。恐らく私の今年の紅葉撮影はこれが最後になるかと思われます。と、いうことで〆は毘沙門堂となります。※※人が多かったのと赴いた時間が昼過ぎだったのとで※※※※ほとんどの写真...

清水寺、大改修前の見納め。

Tue曇り。11月も終盤に差し掛かっているというのに、ここ数日暖かな日が続いています。そのせいか進んでいた紅葉もゆっくりとなり、まだ紅葉を見楽しめていない方へ配慮しているかのような綺麗な状態を保っているように感じられます。私の方は、初のグループ展も残すところ最終日を迎えましたが、前日にどうしても行っておきたかったところがありました。皆さんお馴染みの清水寺です。(全て21:10以降撮影)実に1633年に改修されて...

桑原画伯とゆかいな仲間たち展開催中

Sun曇り。こんばんは。今記事は自分の想いをつらつらと書き連ねてみました。昨日土曜日から、私の在籍している京都大学にて学祭が催されております。そこで私は今回、自分の撮った写真を初めて展示する機会を得ました。それがアートスタジオ「水彩時々ペン」による『桑原画伯とゆかいな仲間たち展』であります。当然、今まで撮影したものを実際に現像したこともありませんし、生写真を全く知らない方に見てもらったこともありませ...

二度目の瑠璃光院

Wed晴れ。昨日までの曇天が嘘のように晴れた京都市。今日は仕事を兼ねて瑠璃光院へ行ってまいりました。流石に紅葉も見頃を迎えており、人だかりが出来ていましたが、関係ありません。17時にもなれば激減するからです。というわけで、本日の写真。(無加工)ここに来て二度目。言葉を必要としない。感覚を全て脳へ直接送り込んでくる景色が、眼前に広がる。ここへ来るといつも無を感じる。感情が身体から出ていき、カオスとなる。...

濡れた鳥居。

Mon曇り時々雨。昨日はスーパームーンだということで、晴れてくれるかなと淡い期待を抱いておりましたが、京都は雨で掻き消されてしまいました。そして久しく写真を撮りに行けていないということも相俟って雨中、何を思ったのか伏見稲荷大社へお邪魔しに行きました。夜の伏見はこれで二回目になりますが、このひと気のなさが堪らなく好きです。(あまり人様にお勧めできませんが。。)近々、初めて写真を現像して展示するので、慣...

吉田山の別荘、真古館。

Mon快晴。続けて投稿です。真如堂を拝観した後、予てから伺いたかった喫茶店、「吉田山荘 真古館」へ赴きました。真如堂から思いの外近くて驚きました。ここは旧東伏見宮家の別邸で、和洋の見事な調和がとれた壮麗な屋敷です。そのうちの車庫であった建物を'07年に改装し、喫茶店を始めたのがこの真古館に該当するそうです。内は大正、昭和初期を(懐古的という意味で)彷彿とさせるような落ち着いた雰囲気でした。上写真の中央の...

立冬の紅葉@真如堂

Mon快晴。昨日あたりから全国的に冷え込んでまいりました。北海道では雪が降ったようで、聞いただけでも芯から冷えそうです。。今日で立冬を迎えたということで、紅葉の具合を伺いに近くの真如堂へ赴きました。月と三重塔水面に映る紅葉紅葉も良いですが、杉や桜の赤味を帯びた葉もなんとも言い難い興がありました。全体で見ればまだまだですが、真っ赤な葉も点在していて、私はむしろこの時期の方が好ましいかもしれないと思いま...

曇天のブルーインパルス@平城宮跡

Sun曇り。昨日の快晴っぷりに引き続き今日も快晴だろうと予報が出ていましたが、大きく期待を裏切るような曇天、しかも時折雨まで降る始末が待ち受けていました。(前日の予行に行かなかった自分の責任ですが。。)折角の平城宮とのショットがイマイチな出来になってしまいました。曇り空なのでピントが合焦しにくく、スモークも雲と丸被り。"小松基地(→小松航空祭2016参照)"の再来か。正直、今回に関しては心が折れました。編集...

秋の桜。

Fri晴れ。朝と昼の気温差がほどよく紅葉の色付きを誘う態勢になってまいりました。人間にとっては結構厳しい環境のようで、体調を崩されている方が幾名か見受けられます。私は元気そのものですので、秋の散策を行っていたところ、文字通りの「秋の桜」を見つけました。その名も十月桜。その傍でカラスが近くに生えていた柿を食していました。紅葉はまだ色付き始めたばかり。場所は、日向大神宮という、蹴上を少し南に下ったところ...