鴨川徒然記

    京の日常を写真に。

雨やドリ

Thu
曇りときどき晴れ。最高32℃/最低22℃


下半期初の投稿になります。

唐突の台風、梅雨前線の停滞で主に西日本で強烈な大雨に降られています。
京都は雨が上がりましたが、九州地方の速やかな快復を願いつつ、
台風直撃時に鴨川凸した写真を試験勉強の合間に記事に下ろします。



所有カメラの中で遅い連写速度を誇るK-1にΣ50-500mmを付けっ放し、ファインダー覗き込むだけで写真をその場で確認できない一発撮りに近い状況下で挑んできました。(毎度阿呆みたいな行動をしていますね、我ながら恥ずかしいです。)


AMG0472.jpg
雨宿り中。


AMG0473.jpg
北の方角の稜線。50mmと広角側でこの画が切取れてしまうあたり便利ズームは良いです^^

とりあえずこの日は家〜出町柳の鴨川デルタの往復をしてきました。

AMG0474.jpg
その道中、対岸にゴイサギが!!勢いの強い川を眺めながら佇んでいました。このずんぐりむっくりな躰が私はとても好きです。可愛い。


AMG0475.jpg
増量している川岸には居てられないのか、人目を気にせず土手に上がってトボトボと歩くヌートリア。
撮影距離わずか7~8m。

それにしても雨が強いと鳥の活動は活発になるのでしょうか。『雨やドリ』なんて題を掲げてみんなずぶ濡れになりながら飛び交っているのは示しがつかないですねぇ^^;
AMG0476.jpg
今記事を描いてて、よく撮ろうと思ったな自分、としか感想が出てこないです。。雨中、撮影時間16:30を回っていたと思います。いや暗いでしょ・・・
(ちなみにFF Crop / 310mm / F6.3 / 1/200ss / -5.0撮影、Lrにてさらに露出補正+0.7。)

AMG0477.jpg
これも以下同文、と言いたくなります。
まぁ、ピントだいたい合っていますし、被写体がブレていないので結果オーライです。


AMG0478.jpg
そして帰路の途中、また対岸にゴイサギさんが佇んでいるなあと思って撮ると、思わぬ乱入者が写っていました。


鳥の撮影は風景写真と大きく異なり、被写体が動体なので時・場所・個体によって全て違う写真ができるところが撮りがいがあります。
この日も「雨だ。よし出かけよう」なんて短絡的()な行動とはいえ結果的に色んな出逢いがあったので良かったかなと思います。(反省はしてます)

というわけで京都の鴨川は大丈夫ですよといった報告のような形でシメたいと思います。



ーーーーーーーーーー
いつもありがとうございます。
コメントご自由にどうぞお書き下さい。

↓押していただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 鴨川

0 Comments

Leave a comment