FC2ブログ

鴨川徒然記

    京の日常を写真に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

宮崎観光記

Tue
曇りときどき晴れ。最高36℃/25℃



ようやく現像が終わりました。
宮崎へ旅に出かけたときの記録をば残したいと思います。
旅、ですが、本来は観光以外の目的があって来ていたので観光めぐりは2、3箇所にとどめました。

とはいえ今回、宮崎訪問ということで今までにない南国感の漂う記事になりそうです。




さて、宮崎へは伊丹から飛行機でひとっ飛びしていきました。
AMG0511.jpg
(K-3+DA*16-50mm)


そこから全行程車での移動になります。普段から大阪・京都で生活している人間にとってはあまり慣れないですね。
(昨年一人で福井石川を旅しているし、運転は苦手でもなくむしろ好きであるものの、日常的には車に乗らないので)

如何に京都市は都会か、或いは観光地がかたまって存立しているかが分かる旅でもありました。


このように初めて走る土地を車で移動するというのと、有名どころ各々が數十分かかる程度に離れいる、冒頭に書いたように観光の時間は限られていましたので、行く場所を絞りました。




まずは鵜戸神宮、です。
AMG0513.jpg
(同上)


日南市宮浦にある変わった神社です。
AMG0514.jpg
(同上)

というのも日向灘の断崖の窪みに本殿があり、そこへ降りて行く下り宮の形をしている点が大きいです。
また、かなり古代から存在する神社で、神武天皇の父日子波限建鵜草葺不合命(ウガヤフキアエズ)を主宰神に天照大神など錚々たる神々が祀られて、当時は鵜戸権現とも称されるほどかなり大きな社だったと伝えられています。


現在は新しい漆塗り、杮葺(こけらぶき)になっていました。どうやら1997年に復旧が行われていたようです。
AMG0515.jpg
(同上)
それにしても初めてみる光景で神秘的でした。

AMG0516.jpg
(同上)
本殿の裏側も回ることができ、そこには『お乳岩』なるものがあります。
海食の窪みですので、水が滴り落ちてきます。岩はひんやりとしていて夏なのに涼しさを感じる場所でした。



AMG0528.jpg
(同上)
そして外へ出ると、巖石が波に打たれていました。写真は二柱岩です。手前に亀石があったのですが、絶えず運玉を投げる人がいて撮れずじまいでした。

と、ここで霊験を授かったところで次へと移動しました。



続きまして青島神社。

の前に日南海岸をば。
AMG0518.jpg
(同上)
道の駅からの撮影。

AMG0519.jpg
(同上)
国道220号線沿いからの撮影。なんじゃこの青い海は・・・というくらいに青く写ってますね・・・
運転していて傍を見ると干潮のタイミングもありほとんどずっとこのような光景が続いていたのでわざわざ車を路肩に止めました(笑



そんなこんななことを繰り返しつつ青島神社着。
AMG0529.jpg
(同上)
鵜戸神宮から車で約30分です。

ここは青島ビーチの近くにある神社で、8月終わりというにも関わらず水着姿の若い層の方が多数はしゃいでいました。
その姿を横目に歩いていると、遠くに飛んでいた一匹の鳥を目撃!
すぐ撮影!
AMG0524.jpg
(K-1+SIGMA50-500mm)
ミサゴでした。宮崎もトビが多い中、京都ではまだ見たことのなかったものを撮影できて良かったです。



AMG0522.jpg
(K-3+DA*16-50mm)
AMG0523.jpg
(同上)
そして本殿、ここは本当に日本国かと問いたくなるような出で立ちでした。
朱の濃いこともあいまってますますここだけ別空間かなと感じられました。
祭神は彦火火出見命(ホコホホデミノミコト)、豊玉毘賣ともう一神の三神で、先ほどの主宰神の父母が含まれています。



ーーーーーーーーーー



宮崎観光はこの二箇所にとどめましたが、その他ベストショットもあったので以下にまとめてみました。


1枚目。
AMG0530.jpg
(同上)
夕方頃、宮崎市内を散策していました。大淀川に差し掛かったころ、太陽光が雲の隙間から強烈な光を放っていたのでここぞと言わんばかりに撮影。旅先でこのような光景を目にするとは何かいいことが起こる予兆でしょうか。


2、3枚目。
AMG0526.jpg
(同上)
AMG0527.jpg
(同上)
せっかく宮崎に来たんだから何か名物を食べなければと思い立ち寄った場所。チキン南蛮(梅タルタル)。
物価が京都とは大きく異なるのかこの量(少なそうに見えて結構お腹膨れます)で税込千円足らず。味もタルタルが酸っぱ美味い等驚きが絶えませんでした。



4枚目。
AMG0520.jpg
(同上)
猪崎から臨む大島、七つ岩。眼前に広がる大海が私にはなぜか涼しさを感じさせました。この時気温34℃ほどを記録していたと思います。顔から汗が滴り落ちていました。




そして最後。
AMG0525.jpg
(K-1+DA*16-50mm)
日中ほとんど運転で疲労していたので宿泊近くの南郷川のほとりで星見。すると新月であるから余計に夥しい量の星が、天の川が肉眼で見えてしまいました。感動のあまり2時間くらい呆然と眺めていたのを記憶しています。


今見返すと観光スポットはどれも新婚旅行の定番のような気がします(笑
ですが、神の思し召しでしょうか、いずれも好天気に見舞われ、極めて満足度の高い旅になりました。
場所を紹介してくださった方に感謝申し上げます。


長文をつらつらと書き綴ってしまいましたが、
ここまで読んでいただき有難うございます。

また次回以降もご愛読賜りますようよろしくお願いします〜m(_ _)m。


ーーーーーーーーーー
いつもありがとうございます。
コメントご自由にお書き下さい。

↓押していただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 宮崎県

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。