FC2ブログ

鴨川徒然記

    京の日常を写真に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

京都のチョコレート専門店を回ってみた

Wed
晴れ。最高9℃/最低4℃


今日はいわゆるバレンタインの日。
社会では義理チョコをやめようとか、人それぞれでいい、などなど・・・
バレンタインの意味合いや動機付けが変化してきているようですね。


ちなみに由来としては三世紀に、当時結婚禁止であるにも関わらず、それを嘆いていた兵士たちに司教が憐れむ気持ちから隠れて結婚を許していたのが皇帝にバレ、処刑された日、らしいです。そこから二人の愛を確認する日となったとか。あくまで伝承ですが。

それが日本へ流入した際、なぜかチョコレートを贈ることがセットにキャンペーンされ、
今のような形になっているみたいですね。
クリスマス含め色んな行事と同様、日本文化は何かしらモノと絡めてくる(商売する)ことが多いようです。

と、まぁ折角の機会なので、
あまり知らなかったチョコレート専門店をGoogle Mapで調べてみました。


すると出てくるわ出てくるわ。
20件以上もありました。しかもどこも『小洒落た』どころではなく『超おしゃれ』。
そりゃ学生の私には無縁だわ・・・。


でも意外と京都にしかない、或いは国内には2,3店舗しかないというお店が多く、
14日にもかかわらずどこもまだ人で溢れていました。(今日平日ですよね・・・?)


その中でも個人的に特にお洒落、かつ京都っぽさが滲み出ていると感じたお店を二店舗紹介します。

1軒目。

マリベル(MarieBelle)
SIMG0017.jpg
三条柳馬場付近にひっそりと建つ町屋を改装したような外観。
SIMG0018.jpg
奥まったところに店舗があり、壁には一面淡いブルーが塗られていて京都なのか西洋なのか、どこか迷い込んだような感覚になります。
中は人が多くて写真を撮れませんでしたが、個人的には高級感しか漂ってませんでした。
ただ美味しそうなカカオの香りはほんのりと充満していて、


2軒目。

ベルアメール。
SIMG0019.jpg
マリベルから数分歩いたところにあり、こちらも町屋っぽさの強いお店。
ただこの時期は人が多いせいか、中へ入るだけでも並ばなければなりません。こぢんまりとした店舗に似合わない凄まじい人だかりで雰囲気を味わう余裕などありませんでした(笑。
こちらも超高級チョコ。ひょっとするとGO○IVAよりも高いんじゃないかと思う程。。
学生の分際では足を踏み入れただけでも恐れ多い場所でした・・・。


他にも北山(マールブランシュ他)、岡崎(BENCINY他)等局所的に専門店が立ち並んでいて、
京都のチョコ文化おそるべしと感じました。


本当はもっと先取って記事にするべきなんでしょうが、
来年の参考にでもしてください(苦笑
或いは高級チョコが好きな方は一度訪れてみてください。
基本的にどのお店も普段はカフェも併設していますので雰囲気はバツグンです。

それでは。


ーーーーーーーーーー
いつもありがとうございます。
コメントご自由にお書き下さい。

↓押していただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

    中京区

- 2 Comments

しぐれ  

京都の雰囲気そのままのチョコレート屋さんってあんまりイメージなかったかも。私も学生時代にいろいろ回ってみればよかったー。

2018/02/15 (Thu) 10:19 | EDIT | REPLY |   

山椒魚  

To しぐれさん

隠れ専門店が多いからあんまり気付かんかもー。
また京都来た時に立ち寄ってみてー。

2018/02/15 (Thu) 23:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。