FC2ブログ

鴨川徒然記

    京の日常を写真に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

月末、年度末、そして・・・

Sat.
快晴。最高21℃/最低8℃


もう三月が終えようとしています。
今月は過去2年間でおそらく最多の『独りじゃなかった時間』を記録したであろう月なので、
忘れる前に文字に書き止めておこうと思います。


私の中で、一番記憶しておきたいのは、中学(しかも2年2学期のみしかいなかったところ)の頃の数少ない友人(僕の認識では所属したクラスの人はだいたい『ともだち』と思っていたが、多分相手側は存在すら覚えていないであろうことが多いので。)がこの4月から私の大学の大学院の進学が決まったので久方ぶりに再会したことでしょうか。
(実はこれ以前にも会っていましたが、その話は扨置き。)
その時に彼から言われた言葉が一生、は言い過ぎにしても忘れることが出来ません。
人の心に関して話をしている時だったか、
「君(私)はまだ(人間的に)成長段階にあるんだろうね。これがどう成長するか、或いは転ぶかはわからないけど、今はその過渡期だよ。」
「僕は君の言葉を聞いているのではない、君の経験を聞こうとしているのだよ」
そう言われたのは人生で初めてでした。
ショックを受けたと同時に、あぁ、本当に近しい人なのだなと実感しました。
とりわけ大学に入ってからは、やい大人びているだとか、やい貫禄があるだとか、やい知識人ぽいだとか言われる機会がうんと増えましたが、本当はそうじゃない、そこは表層であり虚飾であって本質ではないことを彼は瞬時に理解してくれたのかもしれません。

そんな彼とこの4月から同じ大学構内で経験を共にすることを考えると、これからが楽しみに思えてきます。
やはり持つべきは多くの薄い人間関係より数少なくとも真の友、でしょうか。

・・・・・・



あとは、高校以来の付き合いのある親友2人と酌を交わしながら下らないことで盛り上がったり、父親や母親と酌を交わしながら真面目な話をしたりと、濃密な一ヶ月を過ごしました。


今後いつこのような月が訪れるかわかりません。
来月からはまたいつもの日常が待ち受けていることでしょう。

そして私はその日々を淡々と過ごすことでしょう。
自身に嫌気が差しながら・・・。




そして、
私事ですが4月以降やらねばならないことがありますので、
カメラは一旦封印したいと思います。
最近は意思が弱いので気が付けば右手に持っているかもしれませんが・・・。
距離を取るよう努力します。

え、それって逆にストレスにならないかって?
なります。
なりますが、何かを撮影しても心ここにあらずな状態ですし、なにより満足のいくものが撮れないとそれが原因でストレスを抱えるかもしれないことを考慮すると今は離れた方がいいのかなと、思っています。
ただ、この日記は気が向けばこのようにぼやいていく予定です。
写真を見てくださっている方には申し訳ないですが、ご容赦願います。


最後に、せめてもの写真日記らしく、今月唯一撮影した河津桜の写真を投稿して今年度を締めくくりたいと思います。

ここをご覧になってくださっている方(足跡から見ています)、毎度稚拙な文に写真なこの日記にきてくださりありがとうございます。
来年度も宜しくお願い致します。

SIMG0035.jpg
一枚は、三条大橋西詰南側にある地蔵尊と。

以下は昨年も訪れた堀川一条戻り橋に生える一本の桜を。
SIMG0036.jpg
知事選があったので、併せて。
SIMG0037.jpg

SIMG0038.jpg

SIMG0039.jpg

SIMG0040.jpg

SIMG0041.jpg






ーーーーーーーーーー
いつもありがとうございます。
コメントご自由にお書き下さい。

↓押していただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 備忘録

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。